再び夫婦二人の生活に戻って

一人娘が海外の大学へ旅立っていきました。家の中はぽっかり穴が開いたようになって夫婦二人で寂しい生活がスタートしました。

よくよく考えてみれば結婚してすぐに子どもが生まれた我が家は、夫婦二人で過ごした年数と言うのが極端に少なかったので

今思い出しても、結婚当初から赤ん坊に振り回されてきた18年間だったのです。

そして今、20年近い年月を経て、初めて夫婦二人の静かな時間が持てるようになったわけですが、急に二人の時間が出来たからといって

何をしていいものやら、途方に暮れるばかり。話す事も取り立ててないから食事の時間も、ただ黙々と食事をするだけのような

そんな空回りした時間が過ぎていきます。

看護師 年収 非公開高額求人3社

こういったことから改めて娘と言う存在がどれだけ私たち家族の中で大きかったのか実感している毎日です。子はかすがいと言いますが

まったくその通りだなぁと感じています。子どもが巣立った今、これからが夫婦として初心に帰り、改めてスタートする新たなる第二の人生の

始まりなのだと思うと気持ちが引き締まる思いです。

言いにくいこともあるんだよ。

住んでいるところが地元です。

 

息子を公園で遊ばせていると話しかけられることがありますが、

そういう方は大抵、転勤族の方が多いです。

そして、この辺の情報が知りたそうなことを聞いてきます。

息子が来年幼稚園の年少にあたるので、それがわかると、地域の幼稚園情報を

聞き出そうとします。

 

私も主人が前職の時、転勤の経験があったので、多少気持ちはわかります。

わかりますよ、だって、近所の情報って人に聞くのが一番ですもの。

なので、出来る範囲でお答えします。

 

転勤族の方は、やはり次の転勤がいつか分からない方が多いので、

幼稚園を公立に入れようか、私立に入れようか、迷われるようです。

せっかく気に入った私立幼稚園に入れて、入学金等も支払ってもいつ転勤になるかわからないからです。

 

その気持ちもわかります。

 

でも残念ながら、近所の公立の幼稚園の評判は良くないのです。

実際、友達も行かせていたりするので、内情がわかるので、すごく答えにくいのです。

なんとなく、濁すのですが、たまにしつこく、細かく聞いてくるお母さんもいます。

 

そんな方には仕方なく、正直にお答えします。

・・・そして、がっかりされます。

情報をくれっといったのはそっちだぞーーーっと割り切って答えます。

しょうがないよ、転勤があるお仕事は。。。と、割り切って下さい。

と、言えるものなら言ってみたい。

 

生活習慣て恐ろしいな。

今日は久々の休み!昨日は思う存分食べて飲んで、朝はゆっくり寝てやると思ってたんだけど、

昨日寝たのは19時頃で、今日はいつも通り4時に目が覚めた。

いやー生活習慣って恐ろしいね。もう、体が慣れちゃってアラームが鳴る前に起きてしまう。

朝ダラダラしたいって思っても、寝て過ごすのももったいない気がしちゃうし、起きた方がいいのかなー

 

それにしても、一気に夏が終わった感じですね。

まだ4時じゃ、外も暗いし、ストーブつけたいくらい家の中も冷えてるし。

昼間はまだ残暑があるせいか、20度近くあるけれど、朝晩は冷えます。

 

ただ、実りの秋で北海道は美味しいものがたくさん出る時期。

あちこちで収穫祭が開催されていたり、海に行けば鮭の時期だから釣りをしている人もたくさんいますねースーパーに行けば、生筋子が売られてるし、本当に季節の美味しいものってテンション上がりますね!

 

実家の畑でも、色々育てているので、今日は昼から収穫しに行きたいと思います。

楽しみだなー

NYで話題の「ノームコア」に学ぶ

NYの新しいファッションとして、「ノームコア」が流行しているみたいです。

ノームコアとは、「ノーマル」「(ハードコアなどの)コア」を組み合わせた造語で、意味合いは「究極の普通」といったところ。カットソーにデニム、ショートパンツなど、シンプルで飾らないスタイルをさします。

 

例として、アップル社のスティーブ・ジョブス氏があげられます。ジョブズ氏のファッションは、イッセイ・ミヤケの黒いタートルネックにジーンズ。

プレゼンやメディアの前に登場するときも、常にこのスタイルを生涯つらぬいたジョブズ氏はまさノームコアを体現しています。

 

私も一応女子なのでおしゃれには関心があるのですが、気を使いすぎて、組み合わせにくい服や奇抜なものばかり買ってしまう事があります。

派手なものって、年を取ると着られなくなるんですよね…。長く使えるものは、やはりシンプルなものが多いと思います。

そこでほどよくノームコアを意識した服選びをすれば、本当に自分に似合うシンプルなアイテムが見つかりそうだなと思います。

といいつつ、贔屓ブランドの新作にはついつい目をとられてしまうのですが…。